情報漏洩対策のセキュリティデバイスHKISP-08-1X

◆セキュリティ対策

今回の話題はセキュリティ対策です。

近年様々な場所でささやかれる情報漏えい。皆さんの家庭や会社は十分な対策をしているでしょうか。私もセキュリティ対策をしているかというと全くしていません。なぜしていないかというと面倒だからです。

面倒というハードルを越えるために今回は誰でも簡単に導入できるセキュリティデバイスをいくつか紹介したいと思います。

◆低価格で簡単導入製品

・顔認証カメラ

この顔認証カメラをPCに接続すればログインが顔認証で可能になります。なりすましでログインされることを防ぐことができるだけでなく、いちいちPINコードを入力するのが面倒だという方にもちょうどよい製品です。この製品はセキュリティ対策だけでなく、日ごろのひと手間を解消してくれる便利グッズでもあるのです。

・タッチするだけで高速ログインが可能な指紋認証


顔認証の類似製品にはなりますがこちらのUSB型の指紋認証機。この製品をUSB端子にセットしてログインする際にタッチするだけで簡単にログインが可能になります。

上記2つのデバイスは、低価格でセキュリティ対策アイテムの入門製品といえるでしょう。

・指紋認証で使用することができるUSBメモリ

指紋認証機能が付いたエムコマース製のUSB(HKISP-08-1X)です。こちらの製品は、必要な情報にアクセスする際に指紋認証が必要となるUSBメモリです。この中に大事な情報を保存しておけば第三者にUSBを盗まれたとしても情報漏えいのリスクを大幅に軽減することができます。法人のお客様は、社員に配布するUSBをこの製品に統一すれば情報漏えいのリスクを低減すること間違いなしです。

・空間クリーニング

先日ニュースで水戸市の議会控室に盗聴器が設置されていた報道を拝見しました。施錠はされておらず不特定多数の人間が出入りすることができた空間だということです。
現在、盗聴器や盗撮器は国内だけで年間40万個販売されているそうです。利用方法は探偵会社の浮気調査に使用するものやストーカーなど違法に使用する場合もあります。ちょっとネットで調べるだけで1-2万円程度の盗聴盗撮器が誰でも簡単に手にすることができてしまうのです。

わかりやすい電池タイプの製品であれば電池の残量分のみの使用時間になります。しかし現在世間に出回っている盗聴器は見た目では盗聴器と判断できないものばかりです。たとえば写真のようなコンセントから直接電源を供給するようなタイプだと半永久的に情報漏えいが続いてしまうのです。


重要な会議やプライベートな空間など人に知られたくないような場合もあるかと思います。そんな時にはこの盗聴、盗撮器を発見することができるI Space Searchが役立ちます。専門的な知識は一切必要なくボタンワンタッチで簡単に空間クリーニングを実施して、盗聴器の有無を検査することが可能です。

製品詳細は以前本サイトで紹介しましたので下記リンクからご覧ください。

https://mitani-bp.xsrv.jp/gadget/post-135/

・覗き見防止保護フィルター

某有名、人材派遣会社が全社で導入を決定した覗き見防止フィルター。情報漏えいのリスクは少しでも減らしたいですよね。重要な情報を持ち歩いているサラリーマンが、混雑した喫茶店でモバイルPCを広げて作業することもあると思います。隣にいる人が覗き見して大事な情報をSNSに書き込んでしまう可能性も0とは言い切れません。今日のSNSの利用者の拡大と発展からするとふとした気のゆるみが取り返しのつかない事態に陥ることもあります。

そんな覗き見を防止するのがこちらの光興業の保護フィルターです。以前本サイトでも紹介したのでそちらも併せてご覧ください。

http://mitene.website/business/566

この製品の魅力は脱着可能ということです。覗き見防止のフィルターを貼ると画面が暗くなって見づらくなるのが嫌という方も多数いらっしゃると思います。この覗き見防止フィルターは、外で使用して社内に帰ったときに取り外すといった脱着が可能です。粘着部分にごみが付着したときには、水で洗い流すことで何度でも使用することができるのです。

◆まとめ

皆さんいかがだったでしょうか。あらゆるところで情報漏えいがささやかれる今、可能な限りの対策をしておいたほうが良いのではないでしょうか。何かあったときにこんな対策をしていましたと言えるような行動をしておく必要があるのです。今回本記事をご覧いただいた方少しでもセキュリティ対策を考えていただければ幸いでございます。

◆耳寄りな情報

今回ご紹介した製品はもちろん、現在こんなことで困っているといった情報をいただければそれに適した製品やサービスのご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたら是非下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

◆お問合せフォーム

製品に関するご質問や価格等のお見積りなどお気軽にご連絡ください。


お問い合わせ表題のご記入が無い場合はお問い合わせ内容不明となるためご返信できない場合がございます。

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。