Synology DS216j 実機レビュー

企業で活躍中の皆様、個人事業主の皆様、職場のサーバー環境はいかがでしょうか。

大企業であれば専門的な知識をもったネットワークエンジニアやサーバー管理者がゴリゴリ仕事をしてLinuxやWindowsベースのファイルサーバーを構築することと思います。しかし、残念ながらそんな恵まれた環境なのはほんの一部の会社にすぎません。
では中小企業のみなさんはどうしているのか・・・。

データを共有したいだけなのにサーバを導入するのは意外とハードルが高いもの。
そもそも管理者もいないから保守の面でも不安。

OS混在環境でファイル検索するにも難易度高そう。

この場合、多くの方はクラウドサービスを検討することになるのだが・・・。

クラウドサービスのネックは通信速度と反応の鈍さ。ローカルでの使い勝手はローカルに設置したサーバーに軍配が上がる。
それに、ほぼローカル環境でしか使わないのに常時インターネットを介したサービスを利用するのってなんか無駄な気がする。出来ることなら設定が簡単で安定したファイル共有と管理が出来ればいいわけで。ネットワークの素人でも使える便利なシステム・・・

うーん、そんな便利なシステムなんて・・・

ありました。

NASがありましたよ。専門知識が無くても簡単に設定ができるやつ。


Synology DS216j
任意容量のHDDと組み合わせることで手軽にNASを構築できる。

とりあえず使ってみてくださいと簡単に紹介できればいいんですが、ひとまず実機を使って検証してからにしましょう。

システムの組立

このSynology DS216jは使う人の環境に応じた構築を実現するためにHDDは別売となっている。
今回の検証ではWesternDigitalの3TBを2本準備。
本来ならば汎用HDDの「BLUE」よりNAS特化型の「RED」をチョイスするのが良いのだが、筆者の自腹検証ということもあり予算の都合上「BLUE」となってしまった。とりあえずRAIDを組んで冗長性が確保できているのと2台同時に故障しない(と思う)ので問題は無いということにしたい。
組立は至って簡単。ふたを開けてHDDをネジ止め。
素人でも悩む必要すら感じません。
物理的な組立はこれだけです。
あとはふたを閉めて電源とLANケーブルをつなぐだけ。

ここららの操作はパソコンのブラウザからの作業となる。こまごました設定は全てブラウザ上からなのでサーバーのようにOSのインストールやネットワークの構築なども必要ない。
USB端子が2ポート見えるが、ここに外付けHDDなどを接続すれば増設ドライブとして使用可能である。

セットアップ

セットアップの前にまずは電源投入。
異音もなく、FANなどの駆動音も気にならないほど静か。

インジケーターはグリーンに光り、状況を伝えてくれる。

ここからはブラウザでの作業になるため画像で順に見て行こう。
今回の設定では筆者が普段から利用しているGoogle Chromeをチョイスしている。
※画像はクリックで拡大

まずはマニュアルに従い、指定されたセットアップ用のURLを入力
find.synology.com/

ローカルネットワーク上で自動的にDS216jを見つけて設定開始だ。
IPも自動的に割り振られ、ローカル上での識別は24番となった。(5000番ポートを利用して通信している模様)

DSMのインストール。一般的なパソコンで言うところのOSインストールとなる。

当然ながら利用予定のHDDは初期化される。今回は新品を利用しているためこのままセットアップを継続するが、強制削除前にアラートが出てくれるのは非常にありがたい。

DS216jにシステムをインストールしている。
(時間にしておよそ10分程度といったところ)

インストール作業が完了すると再起動となる。再起動までのカウントが10分あるのはデータを保護するための仕様である。

管理者アカウントとパスワードの設定。

今後NASへのアクセスの際に必要となる。安易なものは避けつつも忘れないようにしておきたい。通常、PCではAdministratorやROOTなどとも呼ばれるが「管理者」と書かれており非常にわかりやすい。

管理者IDとパスワードを設定するとインストールのための準備が始まる。

ここまでで管理者設定以外は自動的に進んでくれた。初心者や素人にも優しい設計なのは好感が持てる。

DSM(OS)のメンテナンスやアップデートをどうするか

NASでは重要なファイルを扱うため、ウイルス混入や脆弱な部分を極力減らすためにも常に最新を保っていたい。




QuickConnectの設定。ポートを経由せずNASへアクセスするための設定。不明な点は上記のようにその都度ガイドもあり丁寧でわかりやすい。

これで基本的なセットアップは完了。表示されたURLは出先などからアクセスする場合に必須となるのでぜひともモバイル環境のブラウザに登録させておきたい。

この時点でも利用可能だが、様々な機能を追加することが可能。基本設定だけではなくぜひ追加しておきたい項目だ。

規約に同意すると利用可能となる

追加機能も設定はフルオート。マウスクリック以外は何も操作する必要はない。

どこか懐かしさが漂うGUI。ブラウザ上でデスクトップパソコンを操作するような感覚は馴染みやすい。


システム状況は常に監視されている。現在はインストールしたばかりということもあり良好な状況。

先程の追加機能について詳しく解説している。家庭向けのパッケージがほとんどだがDNLAなども対応しているなど便利機能が充実しているのでぜひ活用しよう。

コントロールパネルでは各種細かい設定、ユーザー追加なども可能。

ローカルでのアクセスでのログインの様子。ディレクトリは共有することもユーザーごとにわけて管理することも可能。

以上で設定は完了だが、厄介なインストール作業も自動化するなどユーザー目線の姿勢には好感が持てる。
一般家庭や数人でのワークグループ、小規模な事務所などサーバーを建てるほどではないがファイルサーバーがあると便利といった環境ではぜひおすすめしたい商品だ。

ということでご興味のある方はぜひ下記よりお問い合わせください。
NAS単体でもHDD付きでもどちらにも柔軟に対応します。

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。