ストリーミング機材を自社で簡単に持つ方法SE510

■ストリーミング配信とは

ストリーミングとは、動画を配信する技術のことをいいます。以前は、動画を見るためにすべてのデータをダウンロードしてからでないと見ることができなかったため、ダウンロードが完了するまで待つ時間が発生してましたが、これを解決したのがストリーミングです。

ストリーミングとは、ダウンロードをしたファイルを再生している間にさらにダウンロードしたファイルを連続で再生する技術で、それによりすべてのファイルをダウンロードしなくともストレスフリーで動画を見ることができるようになりました。

また最近ではインターネット回線も4GやLTEの登場により、ストリーミング配信による需要も高まっています。

■ストリーミングの種類

ストリーミングには大きく「ストリーミングオンデマンド配信」と「ストリーミングライブ配信」の2種類あります。

「ストリーミングオンデマンド配信とは」

ストリーミングオンデマンド配信とは予め動画ファイルをサーバーにアップロードして、ユーザーが閲覧したい動画を冒頭から見れる配信の技術です。ストリーミングオンデマンド配信の最も分かりやすい例がYouTubeです!

YouTubeは、動画配信者が事前に動画をアップロードし、ユーザーがストリーミングで閲覧している仕組みですよね。

「ストリーミングライブ配信とは」

ストリーミングライブ配信とは、リアルタイムに動画を配信する技術です。皆さんもテレビ局が配信している生放送を見られたことがあるかと思いますが、そのネット版だと考えてもらえれば分かりやすいです。

ストリーミングライブ配信を行うために必要になるのものとして下記4点があります。

  1. 高スペックなパソコン
  2. エンコーダー
  3. カメラ
  4. ストリーミングサーバー

上記一式を自社で揃えたらかなりの金額になります。

主な利用用途として

・全国や世界展開している会社会議の生中継

・代表取締役の発表

・学校行事の生中継

・イベント生中継

・ストリーミングライブやコンサートの生中継

・オリンピックなどの生中継

■個人・中小企業でもストリーミング配信は可能

「ストリーミングオンデマンド配信」は一般的にYouTubeを用いれば容易に実現できますので

今回は「ストリーミングライブ配信」を格安で行うためのツールおよびサービスをご紹介します。「ストリーミングライブ配信」を行うには、下記4+@製品が必要になります。

  • HDMI出力端子のあるビデオカメラ
  • ストリーミングエンコーダー
  • アンドロイドフォンもしくはタブレット
  • 配信用サーバー

※HDMIケーブルおよび有線LANケーブル

■オススメ ストリーミングエンコーダー

商品名:AverMedia社製 ストリーミングエンコーダー【SE510】

詳細URL:http://www.avermedia.co.jp/houjin/products/server/se510

オススメ 配信先

YouTube Live※無料

https://www.youtube.com/live?gl=JP&hl=ja

U-stream※無料

http://www.ustream.tv/?lang=ja_JP

■ストリーミングライブ配信でよく起きるトラブルとその回避策

実際にストリーミングライブ配信を生業にされている方やサーバー上で配信映像を保存する方などが必ず頭を抱えるトラブルとして、通信環境によって映像が瞬断したことで、うまく映像が配信できなかったりサーバー上で映像を保存できないケースです。

映像をストレスなく配信をするのがCDN業者ですが、どうがんばっても通信環境はどうしようもないですよね。そのためサーバー上で映像を保存するのは非常にリスクが高いと思いませんか?

ならば映像をネットワークに出す前に、一番手前で、一番きれいな映像を保存できればいいとお考えになられたこともあるのではないでしょうか。オススメのエンコーダー製品を出している同メーカーが、これを実現するためにとても安価な製品をリリースしてます。

・データをきっちり保存プレゼンレコーダ

商品名:AverMedia社製 プレゼンレコーダー【CV910】

詳細URL:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-cv910.html

もともとは、商品名のとおりプレゼンのレコーダーです。

今までのプレゼンの撮り方としては、カメラで話者とスクリーンとを収録していたケースが非常に多かったのですが、正直有名な方でない限りスピーカーの姿はとる必要はないですよね?

本製品は、パソコンの画面とプロジェクターの間にHDMIもしくはVGAで接続にすることによって、パソコンの画面をキャプチャーしながら音声も同時に録音できるという優れもの!

※HDMI接続でパソコンに接続した場合、HDMIでプロジェクターで接続する必要が御座います。VGAも然りです。

今まであるようでなかった製品ですが。非常に便利です!

これを今回のストリーミングライブ配信でも活用すれば、ネットワークに映像を出す前に簡単に映像が保存できちゃいます。

接続方法も非常に簡単。

カメラ—-HDMI—— SE510(エンコーダ)—–HDMI—– CV910(プレゼンレコーダー—–インターネットへ

実際に映像配信業者の方にもこのような使い方をされているところがあるそうです!

是非上記使い方をしてみては??

■使用例

株式会社アイ・ピー・エル 様の使用例

http://www.avermedia.co.jp/houjin/products/other/extremecap_910/case/CV910_20160121

■問合せフォーム

お買い求めになりたい方は下記よりお問い合わせください。


お問い合わせ表題のご記入が無い場合はお問い合わせ内容不明となるためご返信できない場合がございます。

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。