ThinkCentre Tinyディスプレイに取り付け可能なデスクトップPC

職場のデスクどうなっていますか?
・書類が山積みになり作業スペースの確保ができていない
・デスクトップPCを足元においていて頻繁に倒してしまう
・モバイルではなく大きなディスプレイを利用したいがスペースがない

職場の限られたデスクスペース。皆さんのデスクはどうなっているでしょうか。ワークスタイル変革が囁かれる今日、モバイルノートPCを用いて、フリーアドレスを採用している企業もあるかと思います。しかし、書類や私物が山積みになり、フリーアドレスの採用ができていない企業もまだまだあります。

限られたデスクスペースでもきっちり大画面でPC操作したい、そんな企業向けにデスクトップとディスプレイを一体にすることができるデスクトップPCがレノボから発売されました。

■超小型デスクトップPC  ThinkCentre Tiny

省スペースデスクトップPCといっても各メーカ様々なPCを発売しています。今回ご紹介しているレノボThinkCentre Tinyもデモ機を確認してみましたが、かなり小さいです。気になる実寸法は、下記に記載しますので皆様のデスクを想定して確認してみてください。

実際の寸法:本体幅約 34.5x182x179mm

重さ最大構成時:約 1.32kg

実物を見るとかなり薄いPCで大きさ的には、大きめのお弁当箱といった印象でした。

■デスクを広く使うディスプレイ一体型

今まで他メーカでも一体型のデスクトップは多々発売されていました。ThinkCentre Tinyの特筆すべき点は、その手軽さにあります。既存の一体型PCだと、設置するときにディスプレイへのPCの取り付けに手間がかかるものもありました。

このThinkCentre Tinyは、ThinkCentre Tiny in Oneというディスプレイの裏にある専用のスロットにPC本体をスライドさせて装着するだけです。下記動画リンクより取り付けのイメージ動画がございますので、ぜひ1度後確認下さい。

■充実したインターフェース

PC本体の筐体が小さいとき気になることといえば、そのインターフェースですよね。本体が小さいからこそ、USBのインターフェースやデュアルディスプレイで使うためのVGAポートなど気になる部分があると思います。ThinkCentre Tinyに、それらの不安は必要ありませんでした。充実したインターフェースを標準装備しています。

【インターフェース一覧】
前面USB3.0 x 2 (1ポートがPowered USB対応) (標準搭載)
背面USB3.0 x 4 (標準搭載)
DisplayPort x 2
イーサネット: RJ-45 x 1
セキュリティスロット x 1
マイク入力 x 1、マイク入力/ヘッドフォン出力コンボ ジャック x 1(前面)
【カスタマイズによる追加選択】
シリアルポート / VGAポート / DisplayPort / HDMIポート / USB Type-Cポート

■まとめ

ThinkCentre Tinyは、オフィス環境を快適にする最適なアイテムだと思いました。今まで仕方ないと思っていたスペースをThinkCentre Tiny1つで新しく利用できるスペースに変換することが可能です。ディスプレイの裏側に設置するにも、面倒な処理は一切不要でした。

※写真は、ディスプレイ裏側のスロットに設置されているThinkCentre Tiny

私自身、気になっていたインターフェースの部分ですが、問題なく使用できそうです。メーカの製品紹介によると、最大3台までの外部ディスプレイへの出力が可能です。3台も接続できれば、作業領域を広げてアプリケーション間のナビゲーションミスの低減や、生産性の向上などに貢献できますよね。

実機レビューはこちら

■無料デモ機手配:問合せフォーム

2週間程度のデモ機貸し出しが可能です。単に検証したい、ご購入の前に1度本体を見てみたい方は、是非お声かけください。ご利用の作業スペースに対しての設置やデュアルディスプレイなどの検証がおすすめです。デモ機は完全無料にて手配となります。じっくりご検討のうえご購入いただけます。

※既存取引の無いお客様のでも問題ござません。

実際にこの省スペースデスクトップPC ThinkCentre Tinyを見てみたい方。購入前に設置検証してみたい方は下記問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。製品に関するお見積もり等、ぜひお問合せ下さい。


お問い合わせ表題のご記入が無い場合はお問い合わせ内容不明となるためご返信できない場合がございます。

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

ThinkCenter Tiny